お電話一本ですぐに駆けつけ!

24時間365日いつでも受付

0120-939-550

通話無料・携帯OK

お電話一本ですぐに駆けつけ!

クレジットカード

クレジットカード

銀行振込

現金払い

相談料・出張料・見積費用・
深夜早朝割増・キャンセル料

0

愛知・静岡・岐阜・三重の水道トラブルは水廻りサポートセンターにお任せ

〒456-0059
愛知県名古屋市熱田区八番1-4-11
TEL.0120-939-550

ペットボトルを使ってもトイレつまりを解消できる可能性が低い理由を解説するとともに、より効果的なトイレつまりの解消方法を紹介します。試しにペットボトルを使ってみたいという方に向けて、一般的なやり方や注意点も解説しますので参考にしてください。

水廻りサポートセンター(株式会社レクト)

この記事の監修

水廻りサポートセンター(株式会社レクト)

愛知・岐阜・三重・静岡の中部地方の水道トラブル修理・交換専門業者です。設立15年、累計施工10万件以上の実績と経験から水回りのお役立ち情報を発信しています。サービスの紹介はこちら

トイレつまりの解消にペットボトルはおすすめしない!その理由とは?

トイレがつまってしまい、解消するための道具が何もないというとき、ペットボトルを使って解消できる可能性があるという情報を目にしたことがあるかもしれません。しかしペットボトルを使ってトイレつまりを直すというやり方はおすすめできません。その理由を解説します。

ラバーカップのような使い方をするには排水口に密着させないと意味がない

ペットボトルでトイレつまりを直す場合「ラバーカップのような使い方をする」という説明がなされます。ラバーカップは「すっぽん」などとも呼ばれる、おなじみのトイレつまり解消道具です。

ラバーカップは、先端のゴム製のカップをトイレの排水口に密着させ、押し込んで中の空気を抜きます。ほぼ真空に近くなった状態からグッと勢いよく引くことで、排水口〜排水管の圧力を変化させ、トイレつまりの原因を動かします。その結果、水が流れていくという仕組みです。

このとき重要なのが、カップを排水口に「密着」させることです。隙間があって空気が出入りできる状態では圧力が変化しないため、ラバーカップは十分な役割を果たせません。

ペットボトルの形状やサイズ、硬さなどを想像していただければ分かると思いますが、ラバーカップと同じように排水口に密着させることはほぼ不可能です。密着できなければ、排水口や排水管の中の圧力を変化させられません。これが、ペットボトルでは大きな効果が望めない理由です。

後ほど、試してみたい方に向けて一般的なやり方を説明しますが、ペットボトルを使ってできることといえば、せいぜいトイレつまりの原因を「物理的に押し込む程度」と考えてよいでしょう。

最初から専用の道具を使ったほうが遥かに効率的

必要な道具を用意してペットボトルを加工し、いざ試してみても全然効果がなかった場合、そこから別の方法を模索したり、場合によってはラバーカップなどの道具を買いに行ったり業者を呼んだりしなければなりません。

トイレつまりは一刻も早く解消したいトラブルですから、ペットボトルを使うくらいなら最初からラバーカップなど専用の道具を使ったほうが遥かに早いですし、効率的です。

ペットボトルよりも効果的なトイレつまりの解消方法2選

ご家庭で発生したトイレつまりの解消におすすめの方法は「ラバーカップ」と「真空式パイプクリーナー」の2つです。

ラバーカップ

ラバーカップには和式用・洋式用・和洋両用・節水トイレ用といった種類があります。特に節水トイレは排水口の形状が複雑な場合があるため、適合するラバーカップを選ばないと隙間ができてしまうかもしれません。購入する際はお使いのトイレに合うものを選びましょう。ホームセンターやドラッグストア、ネット通販、お店によっては100均で手に入ることもあります。

ラバーカップの使い方などについては、こちらの記事をぜひご覧ください。

真空式パイプクリーナー

トイレつまりを解消する原理はラバーカップと同じです。先端にゴム製のカップが付いており、それを排水口に押し当てて空気を抜いたら、手元のハンドルをグッと引いてトイレつまりの原因を動かします。ラバーカップと異なる点は柄の部分がシリンダーになっていること、握りやすいハンドルが付いていること、吸引力が強力なことなどです。ホームセンターやネット通販、排水管の清掃道具を販売しているお店などで手に入ります。

真空式パイプクリーナーの使い方などについては、こちらの記事をぜひご覧ください。

仮にペットボトルでトイレつまりを直すとしたらどんなケース?

ペットボトルを使って直せる可能性があるトイレつまりとは、どのようなものなのでしょうか?確率は低いですが、たとえば次のようなケースは直せるかもしれません。

トイレットペーパーなど水に溶けるものの本当にごく軽いケースのみ

  • トイレットペーパー
  • 流せるおそうじシート
  • 排泄物
  • 吐瀉物
  • 食べかす(※) など

こうした、柔らかくて水に溶ける(水を含んで砕ける、破れる)ものであれば、ペットボトルを使って物理的に砕いたり破いたり、すくったりできるかもしれません。

またおむつや生理用品、そのほか固形物であっても、ペットボトルが届く範囲にあり、すくったり引っかけたり(引っぱり出したり)できれば解消できる可能性があります。

※食品に含まれる油などが冷えて排水管に固着している場合は効果がありません。

ただしトイレットペーパーなどでも大量につまったときは難しい

たとえトイレットペーパーなど水に溶けたり砕けたりするものであっても、大量につまったときはペットボトルでは解消できないでしょう。物理的に排水管の奥へ押し込むことができれば解消するかもしれませんが、水を吸って重くなっていることに加え、ペットボトル自体が排水口の奥へ入り込むサイズや形状ではないため、難しいと考えられます。

試しにトイレつまりをペットボトルで直してみたい!やり方は?

トイレつまりにペットボトルを使うとどんな感じなのか試してみたい、という方に向けて一般的に紹介されているやり方を説明します。

必要な道具を用意する

  • ペットボトル(500ml)
  • カッター(はさみ)
  • ゴム手袋
  • バケツ
  • 紙コップ(なければペットボトルでOK)
  • ビニールシート(新聞紙)

ペットボトルを加工する

ペットボトルの底から4〜5cmあたりを、カッターまたははさみでカットすれば完了です。切り口が鋭利になっているかもしれないので、指などを切らないように注意してください。カットした底の部分は廃棄してしまっても構いません。

便器まわりを養生し、便器内の水位を調節する

汚水が飛び散って床などが汚れてしまうのを防ぐため、便器のまわりをビニールシートや新聞紙などで養生しましょう。

また、作業中に汚水が溢れたり手指が汚れたりするのを防ぐため、便器内の水位が高いときは減らしておきます。捨ててもよい紙コップやペットボトルなどを使い、バケツへ汲み出しましょう。水位は普段(トイレがつまっていないときに)溜まっている程度が目安です。

ペットボトルでトイレつまりを解消する手順

1.ゴム手袋を着用し、キャップを外した状態のペットボトルを排水口に差し込む

ゴム手袋を着用したら、ペットボトルの底の部分を排水口に差し込みます。このとき、ペットボトルのキャップは外した状態にしておきましょう。

2.親指で飲み口を塞いで、ラバーカップのように押したり引いたりする

ゴム手袋を装着した手の親指で飲み口を塞ぎます。空気が出入りしないように密閉してください。あとは「引いて押す」を何度も繰り返します。引くときは、ペットボトルが溜め水から完全に出てしまわない程度に

3.「小」のレバーまたはバケツでゆっくり水を流す

ゴポゴポなどと音がして水位が減ったら、きちんとトイレつまりが解消されているかどうかを確かめます。いきなり「大」のレバーを回してしまうと溢れるおそれがありますので、まずは「小」のレバーを回すか、バケツに水を汲んで少しずつ流すのがおすすめです。

4.問題なく流れたら、最後に「大」のレバーで最終確認をして完了

水位が上がることなく流れたら、トイレつまりが解消された可能性があります。最後に「大」のレバーを回し、問題なく流れていけば成功です。万が一解消されていなかったときのことも考えて、養生したままで流しましょう。

ペットボトルでトイレつまりを直すときの注意点

ペットボトルでトイレつまりを直す方法自体は簡単ですが、注意点もありますのでお伝えします。

効果がないと思ったら粘らずに別の方法を選ぶ

ペットボトルでトイレつまりを直せる可能性は高くありません。1〜2回試して効果がなければ諦めて、真空式パイプクリーナーやラバーカップを買いに行ったり、業者に連絡をしたりしましょう。「あと少しで解消するかも…」と粘りたくなるかもしれませんが、解消できなければトイレを使えない時間が長くなってしまうため、おすすめできません。

トイレつまりの原因がなにか分からないときは控える

トイレつまりの原因がトイレットペーパーなのか、スマートフォンなどの固形物なのか分からないという場合、ペットボトルを使うのは控えましょう。

特に固形物などの場合は解消できる可能性がほとんどありませんので、時間の無駄になってしまうでしょう。それに、ペットボトルで奥へ押し込んでしまうとトイレつまりが悪化するおそれもあります。最悪の場合、便器を取り外すなど大掛かりな修理が必要となるかもしれません。修理費用も高くなってしまうため、原因が分からないときは最初から業者を呼ぶことをおすすめします。

トイレつまりは長引かせないことが肝心!解消しないときはプロへご相談を

トイレは一日に何度も使用する場所です。ご家庭にトイレが2箇所あり、つまっているのは1箇所だけという場合は少し余裕がありますが、そうでなければとにかく、トイレつまりを長引かせないことが何よりも肝心です。

ペットボトルはもちろんですが、真空式パイプクリーナーやラバーカップでも解消しない場合、あるいは一時的に流れるもののまたすぐにつまってしまうという場合は、さらに悪化するのを防ぐためにもぜひ、お早めにプロにご相談ください。

愛知・静岡・岐阜・三重の
トイレのトラブル最短30分駆けつけ!

つまり・水漏れ・修理などトイレのトラブルは、
私たち「水廻りサポートセンター」にご依頼頂けます。

トイレのトラブル 税込5,500円~!

さらにネット限定 3,000円割引中!

トラブル内容により部品代・処分費が必要となる場合がございます。

私たちが選ばれ続ける理由

  • 24時間365日、いつでも受付
  • 必ず見積もり・ご納得後に作業
  • 安心の水道局指定業者
  • 地元で選ばれ続けて設立15年
  • 累計10万件の豊富な実績
  • 有資格者多数在籍で高品質
  • 無償の工事2年保証

お喜び頂いたお客様写真や口コミを多数公開中!
ぜひ一度、私たちの水道トラブルサービスもご検討ください。

トイレ修理サービスを見る

愛知・静岡・岐阜・三重

水道局指定業者で安心

つまり・水漏れ・修理などトイレトラブル最短30駆けつけ!

相談・出張・見積・深夜早朝割増・キャンセル料0円、24時間365日いつでも受付・無償2年工事自信保証

トイレのつまり・水漏れなど

水のトラブルはお任せ!

上に
もどる

0120-939-550

24時間365日受付・
Web3,000円割引

24時間365日受付

「ホームページ見た」と
お伝え頂いた方は、
Web限定3,000円割引中!

お電話はこちら

ボタンを押してお電話ください

0120-939-550

この画面を閉じる

ボタンを押してお電話ください

0120-939-550

この画面を閉じる

ボタンを押してお電話ください

0120-939-550

この画面を閉じる