お電話一本ですぐに駆けつけ!

24時間365日いつでも受付

0120-939-550

通話無料・携帯OK

お電話一本ですぐに駆けつけ!

クレジットカード

クレジットカード

銀行振込

現金払い

相談料・出張料・見積費用・
深夜早朝割増・キャンセル料

0

愛知・静岡・岐阜・三重の水道トラブルは水廻りサポートセンターにお任せ

〒456-0059
愛知県名古屋市熱田区八番1-4-11
TEL.0120-939-550

2022.07.14

洋式トイレつまりをラップで直す方法。でも効果は限られ注意点も

トイレつまりをラップで直せる?

ラップでトイレつまりを直せるという話がありますが、たとえ効果があったとしても限定的であったり、準備に時間や手間がかかる上、やや難しいことなどから、あまりおすすめはできません。その理由や、なぜラップでトイレつまりが直せると言われているか?といった基本的なところから説明します。

そもそもラップでトイレつまりが直る仕組みとは?

一般的に言われている手順については後述しますが、簡単に説明しますと、まずラップで便器を密閉して空気を閉じ込めます。
次に、その状態で水を流して押し上げられた便器内の空気で膨らんだラップを上から押すことにより、排水口の奥に空気圧をかけます。
この圧力を利用することで、トイレつまりの原因となっている物を押し流せるという仕組みのようです。

トイレつまりを直す道具としてラバーカップがありますが、こちらは排水口に溜まっている空気を抜いてから、グッと引き寄せる力でトイレつまりの原因を動かします。
ラップを使った方法はその逆で、空気をグッと押し込むことでトイレつまりの原因を動かす事になります。

ラップで解消できるトイレつまりは限られている

トイレつまりといってもその原因はさまざまです。
ラップを使ったトイレつまりに効果があったとしても、解消できるのはごく軽いトイレつまりのみ、しかも圧力を加えれば簡単に動いたり砕けたり、崩れたりするものに限られます。

逆に、空気圧をかけても動かせないもの(固形物、あるいは排水口や排水管にピッタリはまってしまうものなど)は難しいといえるでしょう。また密閉状態を保つ必要がありますので、ラップが破れるような強い力で押すことはできません。強い圧力をかけなければ動かせないようなもの(重量があるもの)も、ラップで解消するのは難しいでしょう。

便座を外す手間がかかることもある

ウォシュレット、温水洗浄便座などは、便器の奥(タンク側)のフチと少し被る構造になっているものが多く、複雑な凹凸やつぎ目もあるため、そのままの状態でラップを掛けてもうまく密閉できないことがあります。

そうした便座をお使いの場合、便器を密閉するため便座ごと取り外す必要があります。
ボルト・ナットやネジなどで取り付けられている場合、着脱する手間がかかります。手間をかけても効果が得られなかった場合、時間や労力が無駄になってしまいますし、トイレを使えない時間が長くなるため生活にも支障をきたすおそれがあります。

ラップよりもおすすめのトイレつまり解消法

何も道具がないときはラップを使ってみる選択肢もありますが、やはり確実性や効率を考えた場合、おすすめはラバーカップや真空式パイプクリーナーです。

ラバーカップ

先端部分のカップを排水口に押し付けて中の空気を抜き、真空状態にしたところでグッと数センチほど、勢いよく引きます。これによりトイレつまりの原因が引き寄せられ(動かされ)、水が流れるようになります。収納場所などに困ることも多いのですが、いざというときにあると大変助かる道具ですので、ぜひ備えておきたいところです。

ラバーカップには和式用と洋式用のほか、両用や節水トイレ用などがあります。それぞれカップの形状が異なるため、ご家庭のトイレに合うものを選ぶことが大切です。

ラバーカップの使い方などについて詳しくは、こちらの記事もご覧ください。

真空式パイプクリーナー

グッと引き寄せる力でトイレつまりを解消する仕組みはラバーカップと同じです。違うのはその構造と吸引力の強さです。

真空式パイプクリーナーは先端にゴム製のカップが付いており、その上にシリンダーとハンドルが付いています。ハンドルを押した状態で排水口に密着させ、カップの中の空気を抜いたらハンドルをグッと引き寄せます。ラバーカップよりも強いため、手強いトイレつまりにも効果が期待できます。

真空式パイプクリーナーには、トイレ用のほかお風呂やキッチンのシンクなどの排水口用もあります。購入する際はサイズや用途をよく確認しましょう。

真空式パイプクリーナーの使い方などについて詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

ラップで直せる可能性があるトイレつまりとは?

ラップが使えるトイレつまりの原因は「ごく軽いトイレつまりのみ」と限られているとお伝えしましたが、具体的には次のようなものに効果があると考えられます。

トイレットペーパーなどの軽いつまり

  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー
  • 流せるおそうじシート
  • 排泄物や吐瀉物
  • 食べ物 など

水に溶けたり砕けたり、圧力を加えて押し流せたり崩れたりするものであれば、直せる可能性があります。
ただしいずれもごく軽度な場合に限ります。

固形物などには効果が期待できない

  • スマートフォン
  • おもちゃ
  • おむつや生理用品
  • そのほか固形物や重量があるもの
  • 大量のトイレットペーパーやティッシュペーパー など

一方こうしたものがトイレつまりの原因だった場合、ラップを使ってのつまり解消は難しいと考えられます。
たとえば固形物がカッチリはまっていれば空気で押し込むことが困難ですし(そもそも固形物は押し込むよりも取り出して解消すべきです)、重量があるものも動かせない可能性があります。たとえトイレットペーパーなどでも、大量につまらせたときは解消できないことが考えられます。

トイレつまりの解消にラップを使う場合は、原因が何であるかをきちんと見極めることが大切です。

ラップでトイレつまりを直せるか試す方法

実際にラップを使ってトイレつまりを直すとしたら、どのような手順になるのでしょうか?
ここではごく一般的にいわれている方法を紹介します。

揃えておくもの

  • ラップ
  • バケツ
  • ペットボトルまたは紙コップ
  • トイレのおそうじシート
  • ビニールシートまたは新聞紙

ラップは何回も重ねて巻くため、多めに用意する必要があります。
また可能であれば、できる限り破れにくいものを使うことをおすすめします。ペットボトルや紙コップは便器内の水位を下げるために使います。

そのほか、便器のフチの汚れを拭き取るお掃除シートや、念のため床を養生するためのビニールシートまたは新聞紙などもあると役立ちます。

作業前の準備

すでに便器内に水が大量に溜まっている場合、あらかじめペットボトルや紙コップなどを使って水をすくい、バケツにあけて水位を下げておきましょう。作業中は水を流すため、できる限り(普段溜まっているレベルまたはそれ以下まで)減らしておいたほうがよいでしょう。

また便器のフチが汚れている場合、ラップがしっかり貼り付かないことがあります。押した勢いで剥がれれば、腕ごと便器の汚水に浸かってしまうおそれもありますので、お掃除シートなどを使って汚れを拭き取っておきましょう。

作業中、水を流しすぎたなどであふれてしまうリスクも想定し、念のため便器まわりの床をビニールシートまたは新聞紙でグルッと養生します。これで準備完了です。

作業の手順

1.便ふた、便座を上げる

まずは便ふたと便座を開いた状態にします。便座と便器のフチが汚れていた場合も、お掃除シートで拭き取っておきましょう。

2.密閉できない場合は便座を取り外す

全開にしても便器のフチにかぶってしまうタイプの便座は、ラップで密閉できません。この場合は取扱説明書を確認しながら、便座を取り外します。作業に際して止水栓を閉めたほうがよいケースもありますので、説明書をよく読んで正しい手順で取り外しましょう。

3.便器にラップを巻きつける

ラップをピンと張った状態のまま、便器の側面から反対側の側面へ、ボウルを覆うように巻きつけていきます。少しの空気も漏れ出さないよう、何枚か重ねて貼るのがポイントです。この時点でラップがたるんでいると効果が低下するおそれがあります。ピンと張ったまま巻きつけていきましょう。

4.水を少し流し、ラップが膨らんだらグッと押し込む

まずは「小」のレバーを回して水を流しましょう。すると、水に押されて上に逃げてきた空気により、ラップがポコッと膨らみます。この膨らみを両手を重ねてグッと勢いよく押し込んで離す、押し込んで離す、という動作を繰り返します。

5.レバーを回して問題なく流れれば成功

ゴボゴボなどと音がして、水位が上がらずに流れていけばほぼ成功したと考えてよいでしょう。最終確認のため「小」のレバーを回して問題なく流れれば終了です。ラップを剥がして捨てましょう。

補足:繰り返すときはラップを外して便器の水位を下げてから

一度で解消しなかった場合、再度試してみてもよいでしょう。その際、便器内に水が溜まった状態で再度流してしまうと溢れるおそれがあります。面倒ですが、ラップを剥がしてペットボトルや紙コップなどで水位を下げたのち、同じ手順で繰り返しましょう。

ラップでトイレつまりを直すときの注意点

便器内の空気が抜けないように密閉する

この方法の最大のポイントは、便器内に空気を閉じ込めることです。少しでも空気が出入りできてしまうと効果が得られません。ピンと張ったラップを何枚も重ね、しっかり密閉しましょう。

何度か試して無理ならラバーカップに切り替える

数回試してみてもトイレつまりが直らないようであれば、ラップではなくラバーカップなどの方法へ切り替えましょう。

特に原因がわからないときは注意が必要です。たとえば固形物や、水を吸って膨らむおむつなどの場合、ラップを使用して無理に押し込むことで、排水管のさらに奥でつまってしまうことが考えられます。

悪化してから業者を呼んだ場合、便器の取り外しや排水管の奥の洗浄が必要など、大掛かりな作業となるおそれがあります。もちろんその分料金も高くなりますので、決して無理をせず、何度か試してダメならラバーカップなどに切り替えるほうが賢明です。

ラップを便器に流さないように注意する

ラップそのものを流してしまうと、新たなトイレつまりの原因となりかねません。うっかり流してしまわないようにくれぐれも注意しましょう。

生活に支障をきたす「トイレつまり」は一刻も早く解消を!

ラップを使ったトイレつまり解消法は「ラバーカップも真空式パイプクリーナーもない」「原因がトイレットペーパーなどのごく軽度なものであることが確実」といった場合は試してみてもよいかもしれません。

ですが、試して効果がないとわかってから業者を呼んだ場合、それまでの時間が無駄になってしまいますし、トイレが使えなくなる時間も延びてしまいます。ラップを使ったことで悪化させてしまえば、作業も大掛かりとなり料金も高くなってしまいます。

トイレつまりは日常生活に支障をきたす深刻なトラブルです。ラップで直らない場合はもちろん、ラバーカップや真空式パイプクリーナーでも解消できないトイレつまりの場合も、できる限り早い段階でプロにお願いしましょう。

愛知・静岡・岐阜・三重の
トイレのトラブル最短30分駆けつけ!

つまり・水漏れ・修理などトイレのトラブルは、
私たち「水廻りサポートセンター」にご依頼頂けます。

トイレのトラブル 税込5,500円~!

さらにネット限定 3,000円割引中!

トラブル内容により部品代・処分費が必要となる場合がございます。

私たちが選ばれ続ける理由

  • 24時間365日、いつでも受付
  • 必ず見積もり・ご納得後に作業
  • 安心の水道局指定業者
  • 地元で選ばれ続けて設立15年
  • 累計10万件の豊富な実績
  • 有資格者多数在籍で高品質
  • 無償の工事2年保証

お喜び頂いたお客様写真や口コミを多数公開中!
ぜひ一度、私たちの水道トラブルサービスもご検討ください。

トイレ修理サービスを見る

愛知・静岡・岐阜・三重

水道局指定業者で安心

つまり・水漏れ・修理などトイレトラブル最短30駆けつけ!

相談・出張・見積・深夜早朝割増・キャンセル料0円、24時間365日いつでも受付・無償2年工事自信保証

トイレのブログ

トイレの施工事例一覧

カテゴリー

トイレのつまり・水漏れなど

水のトラブルはお任せ!

上に
もどる

0120-939-550

24時間365日受付・
Web3,000円割引

24時間365日受付

「ホームページ見た」と
お伝え頂いた方は、
Web限定3,000円割引中!

お電話はこちら

ボタンを押してお電話ください

0120-939-550

この画面を閉じる

ボタンを押してお電話ください

0120-939-550

この画面を閉じる

ボタンを押してお電話ください

0120-939-550

この画面を閉じる