お電話一本ですぐに駆けつけ!

24時間365日いつでも受付

0120-939-550

通話無料・携帯OK

お電話一本ですぐに駆けつけ!

クレジットカード

クレジットカード

銀行振込

現金払い

相談料・出張料・見積費用・
深夜早朝割増・キャンセル料

0

愛知・静岡・岐阜・三重の水道トラブルは水廻りサポートセンターにお任せ

〒456-0059
愛知県名古屋市熱田区八番1-4-11
TEL.0120-939-550

2022.05.15

トイレつまりの解消にワイヤーブラシをおすすめしない理由。より効果的な方法とは?

トイレつまりの解消にワイヤーブラシを使うことはおすすめできない

最初に、ワイヤーブラシの使用をあまりおすすめしない理由から説明します。

便器に傷が付き、取れなくなってしまうおそれがある

ワイヤーブラシについて正しい知識や使い方を熟知していない方が使用した場合、便器を傷つけてしまうおそれがあります。また排水口の奥でワイヤーそのものが引っ掛かった場合、さらなるトラブルに発展することも想定されます。

そのほか、ワイヤーブラシでトイレつまりの原因を無理に奥へ押し込んでしまい、悪化させてしまうといったリスクもあります。

市販のワイヤーは柔らかい

市販品のワイヤーは柔らかい事が多く、効率的につまりを除去することに向いていません。

こうした理由からも、トイレつまりの解消にワイヤーブラシを使うことはあまりおすすめしていません。

プロはワイヤーブラシを使用しません

多くの水道業者はトイレのつまりを解消するためにワイヤーブラシを使うことはありません。
ワイヤーブラシを使うことで、便器が傷ついたり破損するリスクがあります。

ワイヤーブラシ以外におすすめのトイレつまり解消法

それでは、ご家庭で発生したトイレつまりはどんな方法で解消するのがベストなのでしょうか?現実的に、自力でできることは限られています。やはり「ラバーカップ」や「真空式パイプクリーナー」を使った方法がおすすめです。

ラバーカップ

先端にゴム製のカップが付いたトイレつまりの解消道具です。「すっぽん」などの名で知られています。カップを排水口に押し当て、勢いをつけてグッと(数cm程度)引っ張ります。このとき排水口の中の空気圧が変化する力を利用し、トイレつまりの原因を動かして解消するという仕組みです。

和式用や洋式用(または両用)、節水トイレ用や小便器用などがありますので、お使いのトイレに合うものを選ぶことが大切です。

真空式パイプクリーナー

ハンドルとシリンダーの先に、ラバーカップのようなゴム製のカップが付いている道具です。使い方はほぼラバーカップと同じですが、より吸引力が強いという特徴があります。

トイレ用や排水口用などがあるほか、同じトイレ用でもカップのサイズや形状に種類があるため、選ぶときに間違えないように気をつけましょう。

トイレつまりを解消できる「ワイヤーブラシ」とは?

あまりおすすめできないとお伝えしましたが、そうはいっても「ワイヤーブラシがどういった道具なのか」「どんな使い方をするのか」などを知りたい方も多いでしょう。家庭用の一般的なワイヤーブラシについて解説していきます。

排水管掃除の道具でトイレつまりにも使用できる

キッチンのシンクやお風呂の排水口など、細くて狭い場所の汚れを掃除するための道具がワイヤーブラシです。ハンドルと長いワイヤーの先端にブラシが付いているのが一般的です。その構造から、排水口の奥で発生したトイレつまりにも効果が期待できる道具です。

ワイヤーブラシでトイレつまりを解消する仕組み

詳しい手順は後述しますが、排水口からブラシとワイヤーを差し込み、ブラシがトイレつまりの原因となっている「モノ」に当たったらハンドルを回します。それにより「モノ」が細かく砕けたり崩れたり、破れたりして流れていきます。あるいはブラシに引っ掛けるようにして、引っ張り出すといった使い方もできます。

ワイヤーブラシが効果的なのはどんなトイレつまり?

ワイヤーブラシには、解消できる可能性があるトイレつまりと、そうでないトイレつまりがあります。原因次第では最初からプロに相談したほうがよいケースもあります。判断を間違えないよう、ワイヤーブラシで解消できる可能性があるのはどんなトイレつまりなのか把握しておきましょう。

ワイヤーブラシで解消できる可能性があるトイレつまりの原因

  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー
  • 流せるおそうじシート
  • 排泄物や嘔吐物
  • 食べ残し
  • ビニール袋
  • 少量の猫砂(トイレ) など

一例ですがブラシを使って砕いたり崩したりできるもの、引っ掛けて引っ張り出せるもので、かつ「軽度」であればワイヤーブラシで解消できる可能性があります。

また猫砂など細かいものは引っ掛けにくく、砕いたり崩したりするのも難しいのですが、少量なら押し込むことで解消できる可能性があります。

ただし冒頭でもお伝えしたように、便器を傷つけてしまうリスクなどは残りますので、その点は覚えておいてください。

ワイヤーブラシでは解消できないトイレつまりの原因

  • スマートフォン
  • 子どものおもちゃ
  • 手鏡
  • そのほか固形物や重量があるもの など

ワイヤーブラシで解消できる可能性が低いのが、ブラシで砕いたり崩したりできないもの、引っ掛けることができないもの、引っ掛かったとしても引っ張り出せないものなどです。

物が落ちた場合、ワイヤーブラシは使用しない

基本的にトイレの中に物が落ちた場合、便器が傷ついたり破損する可能性があるため、ワイヤーブラシの使用はおすすめしません。
プロに依頼して便器を取り外し、安全に除去することをおすすめします。

一般家庭のトイレつまりに使用するワイヤーブラシの選び方

ワイヤーブラシにもいくつか種類があります。トイレつまりの原因に応じて選ぶことが大切です。

ブラシの素材と形状

ブラシには主にプラスチック(樹脂)製のものと、金属製(コイル状)のものがあります。たとえばトイレットペーパーなどを引っ掛けたり、軽い汚れを落としたりする程度ならプラスチック製のブラシでも十分でしょう。一方で硬い「モノ」を砕いたり削ったりしたいときは、強度が高い金属製のほうが効率的です。

商品によっては3連ブラシ、5連ブラシ、金属製のコイル+プラスチック製のブラシといったものもあります。排泄物や嘔吐物、食べ残しなどを砕きたいときは3連や5連など、原因や度合いによって選ぶとよいでしょう。

ワイヤーの長さ

1m未満のものから3mや5m、中には10mを超えるものなどワイヤーの長さもさまざまです。トイレつまりの解消が目的の場合、あまりに長すぎると操作性が低下するおそれがあるため、3mから長くても5mまでのものがよいでしょう。

「トイレ用」がおすすめ

絶対にトイレ用でなければいけないわけではありませんが、ワイヤーの長さやブラシの素材・形状なども重要になってきますので、できれば「トイレ用」「トイレにも使用可能」といったワイヤーブラシを選ぶことをおすすめします。

どこで買える?値段は?

ワイヤーブラシは「ホームセンター」や「量販店(ドン・キホーテなど)」、そのほか「清掃用品の販売店」や「ネット通販」などで手に入ります。ただし取り扱いの有無は店舗によって異なりますので、念のため事前に確認しておくと安心です。

また値段も商品によってさまざまですが、一般的には1,500円前後〜3,000円前後と考えてよいでしょう。

ワイヤーブラシを使ってトイレつまりを直す方法

ワイヤーブラシを使ってトイレつまりを直す手順を解説します。繰り返しとなりますが、便器を傷つけるなどのリスクは排除できませんので、実際にやるかどうかは慎重にご判断ください。

用意する道具と事前の準備

道具

  • ワイヤーブラシ
  • 新聞紙(ビニールシート)
  • ペットボトル(紙コップ)
  • バケツ
  • ゴム手袋

事前準備

  1. 新聞紙またはビニールシートを使って便器の周りを養生する
  2. ゴム手袋を装着する
  3. 便器の水位が高いときは、ペットボトルや紙コップを使って汲み出す

汚水が飛び散ったときのために、便器の周りを養生しておきましょう。また便器内の水位が高いときは、トイレつまりが発生していないときに溜まっている程度の水位まで調節します。

作業手順

  1. ブラシ部分から排水口に差し込む
  2. トイレつまりの原因にぶつかるまでゆっくり押し込んでいく
  3. トイレつまりの原因にぶつかったらハンドルを回す
  4. 水が流れたらタンクのレバーを回し、無事に解消できたか確認して完了

手順「3」はトイレつまりの原因によって若干、変わります。たとえば排泄物や嘔吐物、食べ残しなどが原因であればハンドルを回して砕いたり、崩したりして解消できます。

一方、トイレットペーパーやティッシュペーパー、流せるおそうじシートなどが原因であればハンドルを回して絡めて引っ張り出したり、つついて押し込んだりするとよいでしょう。

なお最後に水を流すときは、完全に解消されていないリスクも想定し「小」のレバーを回しましょう。不安なときはバケツに水を汲み、少しずつ流しながら様子を見るのもおすすめです。

使用したワイヤーブラシのお手入れと保管方法

床が汚れないように素早くバケツに入れ、お風呂場などへ運びます。汚水に浸かった部分をメインに全体を軽く水洗いしたら、掃除用のスポンジや汚れても(捨てても)よい雑巾に食器用中性洗剤を数滴含ませて洗います。

よくすすいだら乾いた雑巾で水気を拭き取り、風通しのよい場所で完全に乾燥させます。濡れた状態のまま放置すると錆びてしまうおそれがあるため、水気はよく拭き取っておきましょう。心配な方は、金属部分に防錆剤などを吹きかけておくと安心です。

ただし商品によって適したお手入れ方法や、使用可能な洗剤などが異なる場合があります。念のため、事前に取扱説明書やメーカーのホームページなどで確認しておきましょう。

業務用のワイヤーブラシ「トーラー」

ここまで一般家庭用のワイヤーブラシについて解説してきましたが、プロが使用する業務用のワイヤーブラシ「トーラー」と呼ばれる道具もあります。家庭用と違い電動式が一般的です。

家庭用よりも太い金属製ワイヤーが使われており、先端部分は螺旋状になっていたり、トイレつまりの原因に合わせて使い分けできるよう、複数のヘッド(アタッチメント)が用意されていたりします。

ワイヤーの長さは数〜数十mまでさまざまで、排水管の太さやつまりの原因によってワイヤーの太さ・長さを変えます。

もちろん、家庭用の一般的なワイヤーブラシよりも効果はかなり強力です。

プロはトーラーも使用しません

トーラーは業務用ではありますが、多くの水道業者はトイレのつまりを解消するために使うことはありません。
トーラーを使うことで、便器が傷ついたり破損するリスクがあります。

トーラーでトイレつまりを解消する流れ

まずはトイレつまりの状態を確認し、必要に応じて(便器を傷つけてしまうおそれがある場合などに)便器を取り外します。次に、排水管の太さやトイレつまりの原因に合わせてワイヤーおよびヘッドを選んで装着します。

あとは電動でワイヤーを回転させながら奥へと差し込んでいき、トイレつまりの原因を砕いたり崩したり、引っ掛けたりして解消させるというのが基本的な流れです。

ただし実際の作業内容は、トイレつまりの原因や排水管の状態などさまざまな条件で変わってきます。

ワイヤーブラシを使ってもトイレつまりが解消しないときは?

悪化してしまう前にプロにご相談ください!

ご家庭で発生するごく一般的な、かつ軽度のトイレつまりであれば、ラバーカップや真空式パイプクリーナーなどを使って解消できる可能性が高いでしょう。

ですが、何度か試しても解消する兆しが見えないトイレつまりの場合、重度である可能性が考えられます。

また原因不明のトイレつまり、明らかに固形物などが原因のトイレつまりという場合も、自力で直すにはどうしても限界があります。

無理に自力で解消しようとして悪化させた場合、便器の脱着が必要になるなど、直すためのコストが高くなってしまうかもしれません。作業にも時間を要するため、トイレを使用できない時間も長くなってしまうでしょう。

一刻も早く解消するため、またできる限りコストを抑えるためにも、悪化してしまう前にぜひプロにご相談ください。

愛知・静岡・岐阜・三重の
トイレのトラブル最短30分駆けつけ!

つまり・水漏れ・修理などトイレのトラブルは、
私たち「水廻りサポートセンター」にご依頼頂けます。

トイレのトラブル 税込5,500円~!

さらにネット限定 3,000円割引中!

トラブル内容により部品代・処分費が必要となる場合がございます。

私たちが選ばれ続ける理由

  • 24時間365日、いつでも受付
  • 必ず見積もり・ご納得後に作業
  • 安心の水道局指定業者
  • 地元で選ばれ続けて設立15年
  • 累計10万件の豊富な実績
  • 有資格者多数在籍で高品質
  • 無償の工事2年保証

お喜び頂いたお客様写真や口コミを多数公開中!
ぜひ一度、私たちの水道トラブルサービスもご検討ください。

トイレ修理サービスを見る

愛知・静岡・岐阜・三重

水道局指定業者で安心

つまり・水漏れ・修理などトイレトラブル最短30駆けつけ!

相談・出張・見積・深夜早朝割増・キャンセル料0円、24時間365日いつでも受付・無償2年工事自信保証

トイレのブログ

トイレの施工事例一覧

カテゴリー

トイレのつまり・水漏れなど

水のトラブルはお任せ!

上に
もどる

0120-939-550

24時間365日受付・
Web3,000円割引

24時間365日受付

「ホームページ見た」と
お伝え頂いた方は、
Web限定3,000円割引中!

お電話はこちら