お電話一本ですぐに駆けつけ!

24時間365日いつでも受付

0120-939-550

通話無料・携帯OK

お電話一本ですぐに駆けつけ!

クレジットカード

クレジットカード

銀行振込

現金払い

相談料・出張料・見積費用・
深夜早朝割増・キャンセル料

0

愛知・静岡・岐阜・三重の水道トラブルは水廻りサポートセンターにお任せ

〒456-0059
愛知県名古屋市熱田区八番1-4-11
TEL.0120-939-550

「少しずつ流れるトイレつまり」に対して絶対にやってはいけない対処方法と、おすすめの対処方法を紹介!そもそも少しずつ流れるとき、排水管では何が起こっているのか?放置しても良いのか?原因はなにか?予防する方法は?など、さまざまな疑問にもお答え!

水廻りサポートセンター(株式会社レクト)

この記事の監修

水廻りサポートセンター(株式会社レクト)

愛知・岐阜・三重・静岡の中部地方の水道トラブル修理・交換専門業者です。設立15年、累計施工10万件以上の実績と経験から水回りのお役立ち情報を発信しています。サービスの紹介はこちら

目次

これはトイレつまり?水が少しずつ流れるときに起こっていることとは

水を流すといったん水位が上がり、そのあと少しずつ流れるという場合、トイレつまりの前兆かもしれません。具体的には次のような状態が考えられます。

排水管に異物がつまっているが、完全には塞がれていない状態

まず考えられるのは、異物による排水管のつまりです。しかし排水管が完全に塞がってしまったのではなく隙間があり、そこから少しずつ水が流れている状態であると思われます。

男性用小便器であれば「尿石」が蓄積しているかも

男性用小便器は排水口が狭く水流も弱めです。お手入れ不足で尿石がこびりつくと流れが悪くなることがあります。排水口に捨てたガムやタバコなどが尿石に引っかかった、手鏡や洗剤のキャップなどを落としてつまった、などの理由で流れが悪くなることもあります。

少しずつ流れるトイレつまりは放置すれば直る?悪化する?

トイレつまりでもっとも避けたいのが「判断ミス」です。放置して悪化すればトイレを使えない時間が延びるだけでなく、修理費用が高くなるおそれがあります。少しずつ流れるようなトイレつまりを放置してもよいケース、悪化するおそれがあるケースを知っておきましょう。

トイレットペーパーや排泄物など水に溶けるもなら直る可能性がある

トイレットペーパーや流せるおそうじシート、排泄物や食べ物など「水に溶ける・ふやけて崩れる・砕ける」といったものだけが原因であれば、放置して直る可能性があります。

ただし後述する固形物など複数の原因がある場合や、たとえトイレットペーパーなどでも大量につまっている場合などは直らないことも考えられます。

固形物や吸水性のあるものなどは放置すると悪化のおそれがある

スマートフォンやおもちゃなどの「固形物」、ナプキンやおむつなど「水を吸って膨らむもの」は放置しても直りません。少しずつ流れているからそのうち直るだろう、と勘違いして放置しないようにしましょう。次に使った人がトイレットペーパーなどを流した際、つまって悪化するおそれがあります。

悪化することで想定されるトラブルとは?

少しずつ流れるトイレつまりを放置して悪化させた場合、具体的に次のようなトラブルが想定されます。

  • 流れきらなかった汚物が便器にこびりつき、悪臭が発生する
  • 便器内の溜め水が減ってしまい、下水から悪臭がのぼってくる
  • 水を流したときに汚水が便器からあふれ、床が汚れてしまう
  • 排水管に溜まった汚水、床に溢れた汚水が下階に水漏れ被害を与えるおそれがある

マンションやアパートなどの場合、下階への水漏れで高額な修繕費用を請求されたり、損害賠償を請求されたりすることもあります。さまざまなリスクを避けるためにも、最初の段階で適切に対処することが肝心です。

少しずつ流れるトイレつまりは自分で解消できる?

初期段階で適切に判断するためにも、少しずつ流れるトイレつまりを自分で解消できるケース、できないケースを知っておきましょう。

自分で直せるトイレつまりの原因はトイレットペーパーなど

自分で解消できる可能性があるのは、トイレットペーパーや流せるおそうじシート、排泄物や食べ物などです。先ほどお伝えした「水に溶ける・ふやけて崩れる・砕ける」ものだった場合のみ、と思っておきましょう。

固形物や吸水性があるものが原因の場合は業者に連絡を

スマートフォンやおもちゃ、ナプキンやおむつなどは、手が届く位置なら掴み取れるかもしれませんが、排水口の奥であれば自分では解消できません。放置しても直りませんので、速やかに業者へ連絡をしましょう。

トイレに異物を落とした覚えがないときは?

まったく心当たりがないという場合、ご家庭の便器ではなく建物自体の「排水管の奥」や「排水桝」などでつまりが発生しているのかもしれません。

たとえば築年数が古い建物の場合、排水管に徐々に汚れが蓄積して水の通り道が狭くなり、そこへトイレットペーパーのカスなどが堆積して水の流れが悪くなることがあります。

このケースは自分で確認したり直したりできないため、業者に点検を依頼しましょう。マンションやアパートなどの集合住宅、賃貸物件にお住まいの方は大家もしくは管理会社へ連絡をしてみてください。

少しずつ流れるトイレつまりの正しい対処方法

少しずつ流れる状態のトイレつまりを自分で直す場合の、正しい対処方法を2つ紹介します。いずれの方法も、上述した「水に溶ける・ふやけて崩れる・砕ける」ものだけが原因であることが確実な場合にのみ試してみてください。

原因不明のときや、固形物など複数の原因があるときは、悪化させるリスクがありますので業者を呼びましょう。

ラバーカップ

まずはラバーカップ(すっぽん)を使う方法です。先端のカップを排水口に押し当てて中の空気を抜き(真空状態にする)、上に勢いよくグッと(数センチほど)引きます。それにより排水口や排水管の圧力が変化し、トイレつまりの原因となっている異物が動かされて解消するという仕組みです。

ラバーカップには和式用・洋式用・節水トイレ用などさまざまな種類があるため、購入する際はよく確認することが大切です。

ラバーカップの使い方や注意点などについては、こちらの記事もご覧ください。

真空式パイプクリーナー

もうひとつ、ラバーカップよりも吸引力が強い真空式パイプクリーナーを使う方法もおすすめです。使い方自体はラバーカップとほぼ同じで、カップを排水口に押し当てて空気を抜いたら、手元のハンドルをグッと引いて圧力を変化させます。

やはり和式用や洋式用などがあるほか、キッチンのシンクなどの小さな排水口用のものなどもあるため、購入する前にトイレに使えることを確認しましょう。

真空式パイプクリーナーの使い方や注意点などについては、こちらの記事もご覧ください。

それでも直らなければ速やかに業者を呼ぶ

たとえトイレットペーパーなどの「水に溶ける・ふやけて崩れる・砕ける」ものだけであっても、ラバーカップや真空式パイプクリーナーで直らないことがあります。

この場合、トイレットペーパーを大量につまらせていたり、気づいていない別の原因(固形物など)があったり、排水管や排水桝の奥でつまっていたりすることが考えられます。

何度か試しても一向に改善する様子が見られないときは、業者に点検を依頼することをおすすめします。

少しずつ流れるトイレつまりの誤った対処方法

一方、少しずつ流れるトイレつまりを自分で直そうと思ったとき、やらないほうがよい対処方法もあります。

お湯や重曹、洗剤などを使っても直せる可能性は低い

お湯

お湯でトイレつまりを解消できる可能性はほとんどありません。熱湯で便器を破損するリスクや、汚水が便器から溢れるリスクがあるため控えたほうがよいでしょう。こちらの記事もご覧ください。

重曹

重曹とクエン酸を混ぜて発泡させる方法もありますが、発生する泡は炭酸水のような微細なものです。異物を溶かしたり砕いたりする力はありませんので、こちらもおすすめしません。こちらの記事もご覧ください。

洗剤

男性用小便器の尿石であれば、トイレ用酸性洗剤で解消できる可能性があります。しかし食器用中性洗剤や、トイレ掃除用のアルカリ性洗剤などではトイレつまりを解消できる可能性は低いでしょう。パイプクリーナーも同様に、トイレつまりには効果が期待できません。こちらの記事もご覧ください。

ペットボトルやビニール袋なども効果は期待できず

ペットボトルをラバーカップのように使う方法がありますが、ペットボトルでは排水口を密閉できませんので効果がありません。そのほか、ビニール袋に手を入れて掴み出す方法、排水口に当ててラバーカップのように使う方法などもありますが、やはり効果はありません。こちらの記事もご覧ください。


ワイヤーブラシや針金ハンガーなども便器を傷つけるリスクがある

トイレ用のワイヤーブラシも販売されていますが、金属製のブラシで排水管を傷つけたり、便器を傷つけたりすることがあります。傷に異物が引っかかってトイレがつまったり、便器についた傷に汚れが入り込んで落とせなくなったりすることも考えられます。

ワイヤーブラシの代わりに針金ハンガーを加工して使う方法もありますが、同様に排水管や便器を傷つけるリスクがあります。ハンガーが排水管に引っかかって取れなくなれば修理も大掛かりとなるなど、メリットよりもリスクのほうが大きいためおすすめしません。

こちらの記事もぜひご覧ください。


トイレつまりを予防するために心がけたいこと

トイレつまりを招かないためにも、この機会にぜひ使い方をみなおす

トイレットペーパーなどを一度に大量に流さない

トイレットペーパーは、厳密に言うと水に溶けるのではなく、非常に細かく砕けるのです。液体にはなりませんので、大量に流すとカスが排水管などにこびりつくことがあります。

確実に流れていくよう、一度に大量に流すことは控えましょう。流せる◯◯などの掃除用品も同様です。

本来トイレに流すべきではないものは流さない

ナプキン、おむつ、ペットのトイレ(吸水シートタイプ/猫砂)、食べ物などは本来、トイレに流してはいけないものです。

水を吸って膨らむものは排水管を完全に塞いでしまいますし、ペットのトイレや食べ物などは流れたと思っていても、排水管の奥で徐々に蓄積されていくおそれがあります。

それぞれ適切な方法で処分することを心がけましょう。

過度な節水は控える

タンクにペットボトルを入れたり、便器の洗浄水量を少なく設定したりして節水につなげているご家庭も多いでしょう。しかし洗浄水量が不足するとトイレットペーパーや排泄物が流れきらず、蓄積されてトイレつまりの原因となるおそれがあります。

過度な節水は控えていただくと同時に「大」「小」のレバーもきちんと使い分けるようにしましょう。

少しずつ流れる状態が直らないトイレつまりは一刻も早く業者を

少しずつ流れるトイレつまりには、放置していれば直る原因と、放置しても直らない(悪化するおそれがある)原因があります。

まずは原因を見極め、それに応じて正しい対処方法を選択することが大切です。

またラバーカップや真空式パイプクリーナーで試しても直らない、直る気配がないときは別の原因も考えられます。

固形物を押し込んでしまうと、便器の脱着といった大掛かりな作業が必要になってしまうこともあります。何度か試して解消されないときは、速やかに業者を呼ぶことをおすすめします。

愛知・静岡・岐阜・三重の
トイレのトラブル最短30分駆けつけ!

つまり・水漏れ・修理などトイレのトラブルは、
私たち「水廻りサポートセンター」にご依頼頂けます。

トイレのトラブル 税込5,500円~!

さらにネット限定 3,000円割引中!

トラブル内容により部品代・処分費が必要となる場合がございます。

私たちが選ばれ続ける理由

  • 24時間365日、いつでも受付
  • 必ず見積もり・ご納得後に作業
  • 安心の水道局指定業者
  • 地元で選ばれ続けて設立15年
  • 累計10万件の豊富な実績
  • 有資格者多数在籍で高品質
  • 無償の工事2年保証

お喜び頂いたお客様写真や口コミを多数公開中!
ぜひ一度、私たちの水道トラブルサービスもご検討ください。

トイレ修理サービスを見る

愛知・静岡・岐阜・三重

水道局指定業者で安心

つまり・水漏れ・修理などトイレトラブル最短30駆けつけ!

相談・出張・見積・深夜早朝割増・キャンセル料0円、24時間365日いつでも受付・無償2年工事自信保証

トイレのつまり・水漏れなど

水のトラブルはお任せ!

上に
もどる

0120-939-550

24時間365日受付・
Web3,000円割引

24時間365日受付

「ホームページ見た」と
お伝え頂いた方は、
Web限定3,000円割引中!

お電話はこちら

ボタンを押してお電話ください

0120-939-550

この画面を閉じる

ボタンを押してお電話ください

0120-939-550

この画面を閉じる

ボタンを押してお電話ください

0120-939-550

この画面を閉じる