水回りの修理や水漏れトラブルは年間2,000件以上の修理・施工実績の「水回りサポートセンター」へ

顧客満足度当社調べ99%
  • 累計10万件以上
    安心の施工実績
  • 出張費
    無料対応実施中
  • クレジット決済
    OK!
0120-939-550

水廻りの水漏れ要注意箇所

2018.11.06

11月に入り寒くなったと思ったら、また暖かくなってきました。最近性根を入れ替えて仕事を頑張っております施工スタッフのMです。

本日は「水廻りの水漏れ要注意箇所」をお伝えしたくブログを書いております。先日お客様からの水漏れ修理依頼でお伺いさせていただいたお家ですが、止水栓で水漏れをしておりました。

止水栓とは水を止める物で、システムキッチンの蛇口の下や(扉の中)洗面化粧台の蛇口の下(これも扉の中)などにある物です。見た目は蛇口のような感じで、仕組みも蛇口と全く同じです。トイレのタンクの横や下にも同じものが付いております。


このような蛇口が、キッチンや洗面化粧台の扉を開けると付いております。キッチンの場合は隠れている事もあるのですが、これは床から立ち上がっているのでストレート止水栓と言いますが、壁に付いている物もあり、このようにハンドルが付いていない止水栓もあります。

この止水栓の水漏れが要注意です!

何故かと言いますと、これら止水栓は特にキッチンや洗面化粧台ですが、扉の中に隠れているので、水漏れをしても発見が特に遅れます。洗面化粧台の扉の中は、どのお家でも同じだと思いますが、掃除土具や洗剤やタオルなどたくさん入っていますよね。それらが止水栓を隠してしまい、水漏れをしていても気づかない事が本当によくあります。その為洗面化粧台の底板が、水を吸って傷んでしまい、止水栓の交換だけでなく洗面化粧台丸ごと交換する羽目になる事しばしばございます。

キッチンの扉の中も同じです。食料品やキッチン用品などが入っているので、その奥にある止水栓が水漏れしていても気づきにくく、さらに中は照明など当然ありませんので、暗く余計に水漏れをしていてもわかりにくくなっております。「シュー」と音が出るほど水漏れをしていれば、水漏れの発見もしやすいのですが、これら止水栓は普段は一切触りませんので、水が漏れる場合は、静かに水がつたうように漏れたり、少しづつポタポタ漏れる水漏れなので、まず音などでは分かりません。

トイレの止水栓も同様です。タンクの横や後ろの方に止水栓があり、トイレの照明はリビングなどの照明のように明るくありませんので、こちれも水漏れの発見が遅れるところです。「なんか便器の前の部分が濡れているなぁ」と思っても、実はそれは後ろから水が回ってきている事も良くあります。

これら扉の中に、さらに奥にあるような水廻りの設備は、気にして見ないと水漏れなどの異常を、普段の生活の中で発見する事はまず不可能です。ですのでこれから年末に向けて、大掃除などで扉の中の洗剤を久しぶりに出したら、水漏れでビジョビジョになっていた。と言う事になる前に、一度ご確認することをおすすめします。

良く分からない場合や、万が一異常があった場合は、水廻りサポートセンターにご相談下さい。

ちなみに上の画像は、当店で施工させていただきました現場写真です。

↓こちらもご覧ください。

施工実績「ストレート止水栓の交換」

 

 

 

下記のトラブル、すぐ解決いたします。

水漏れ

  • タンクから水が漏れている
  • 蛇口を閉めても水が出てくる
  • 洗面台の下が湿っている
  • キッチンの床から水染み

つまり

  • 異物を流してしまった
  • 水が流れない
  • タンクに水がたまらない
  • 排水口からの異臭

故障

  • 蛇口のグラつき
  • 水の汚れや変色
  • 水の勢いが悪い
  • お湯が出ない