水回りの修理や水漏れトラブルは年間2,000件以上の修理・施工実績の「水回りサポートセンター」へ

顧客満足度当社調べ99%
  • 累計10万件以上
    安心の施工実績
  • 出張費
    無料対応実施中
  • クレジット決済
    OK!
0120-939-550

トイレ水漏れ修理

2018.09.15

いつもお世話になっております。施工スタッフのYです。今日は、昨日にお伺いさせて頂いた、名古屋市天白区のKさま宅での、修理依頼にもとずいてお話させて頂きます。 当社に入った依頼内容は、トイレの便器の内側に水漏れと、トイレの床に水漏れしてるとのことでした。お伺い当初は、もしかしたら、タンク内部品水漏れと、排水が溢れているかもと思いましたが、Kさま宅のトイレは、設置してから15年が経過しており、ボールタップ及びフロート弁が劣化しており、それに加えて、タンクの内部にある結露防止用の発泡スチロールがめくれてしまい、タンクと便器の付け根から床に水漏れしているのが確認出来ました。その為、床の水漏れの原因はこれだと思いました。ボールタップ、フロート弁の劣化だけであれば、部品交換での対応でおおかた水漏れ修理出来るのですが、今回のようなケースでは、部品交換するにも、タンクの中にあるほとんどの(ボールタップ、サイホン管、密結ボルト、密結パッキン、など)部品を交換するのと同時に、発泡スチロールの補修が必要になります。部品交換は可能だとしても、発泡スチロールは製造段階で、タンクの形に合わせて製造しており、コーキングでタンクの水が漏れないように取り付けられているからです。発泡スチロールをしっかり取り付けないと、今後、水漏れないし結露が発生するため、修理した意味がなくなります。そういう訳がありまして、今回、Kさまには、新しい便器に交換されてはと、説明させていただきました。 長い目で見た時に、簡単に修理や部品交換だけでなしてしまうと、直ぐに水漏れしてしまったり、なおらないケースが多々あるからです。kさまにはそのことも説明させて頂きました。 現在の便器のタンクでは、中側が発泡スチロールではなく、部品と一体になっており、陶器のタンクの中にもう一つプラスチックのタンクがある形なので、結露の心配がありあせん。そのような利点から、Kさまも喜ばれておられました。 様々な修理を経験させて頂いておりますが、修理ないし部品の交換だけではなおらないケースが、水漏れ修理だとつくずく思いました。今回は、トイレ水漏れ修理でしたが、様々な箇所での水漏れ修理にも共通する部分があるので、しっかりと説明し、お客様が納得のいく修理を心掛けたいと思います。 様々な水漏れ修理、排水口のつまり除去作業に対応させて頂いております。少しの水漏れ、排水の流れが少し悪い等、気になるところがございましたら、お気軽に水廻りサポートセンターにご相談下さい。

下記のトラブル、すぐ解決いたします。

水漏れ

  • タンクから水が漏れている
  • 蛇口を閉めても水が出てくる
  • 洗面台の下が湿っている
  • キッチンの床から水染み

つまり

  • 異物を流してしまった
  • 水が流れない
  • タンクに水がたまらない
  • 排水口からの異臭

故障

  • 蛇口のグラつき
  • 水の汚れや変色
  • 水の勢いが悪い
  • お湯が出ない